【無断転載禁止】     Top Pageに戻る                プロフィールを見る

 「すべては野鳥のために」それを第一に考えて撮影活動をしてきた。
なおかつ「撮影観察記録」を重視し、「二度と撮れない究極の1枚」を目指すのだが
「納得のワンカット」を撮影する為に、5年でも10年でも、ハイアマチアの特権として
いくらでも時間を使う事が出来る状況に、いつのまにか「野鳥写真燃え尽き症候群」
になってる自分がいた。

しかし「心の空白時間」がたつにつれ、もっとも大切な事に気がついた。
それは・・・・、「自己満足に終わる」のではなく、「未来に残す野鳥写真」を撮る
ことではないだろうか?

                               2016年5月1日/よつやこうじ